ヘッダー

園では無理に習わせず、
『遊び』から学びます。

子どもはみんな「遊ぶ」ことが大好きです。「遊ぶ」ことは子どもたちにとって何物にも代えがたい経験となり、その中で得る経験は、他の人から教わる事より大きな価値があります。その経験を積み重ねることによって、自我の目覚めや、自発的鼓動につながります。
本園では園全体の生活自体が大きな「遊び」と捉え、「遊び」を通して、子どもの成長を支えていく保育を心がけています。

歴史が育てる信頼と、変わらない教育方針。

  • 子どもらしい明るい元気な子ども
  • 思いやりのある豊かな感性のある子ども
  • 意志の強い決断力のある子ども

本園の教育方針は昭和5年(1930年)の創立以来、変わっておりません。何事も、子どもから出発し、子どもに戻っていくことを基本に子どもの力を信じてあげることができる幼稚園でありたいと思っています。

時間割はつくらず、
切り替えのできる子を育む。

本園の保育は子どもの生活として一本化することを目指しています。園に来ることが特別ではなく、普段の自分が表現できる場でありたいと努力しています。そのため、一日の時間割が決まっておりません。子どものたちが時計ではなく、先生の言葉で切り替えられるような保育、信頼関係の構築をします。

園は子どもが主役。
だから「やる気」が芽生える。

当たり前ですが、園での「主役」は、子どもたち一人ひとりです。子ども自身が楽しく、やる気をもって行えることが一番大事だと考えています。大人の感覚を押し付けるのではなく、子どもの感覚に寄り添った保育をしています。
また本園では暦に従い行事を行っております。その中でも、子どもを主役にし、子ども自身が楽しめるように、日々考えています。

お弁当と給食、楽しさと達成感がある遊び。

昼食の時間はみんなと一緒に楽しくお話をして食べられる空間を目指しています。週の中で月・火をお弁当、水・木・金を給食にしております。お弁当はお母さんの愛情たっぷりの笑顔そのもの。大好物を入れてもらって、しっかりと食べきることで自信になります。給食はみんなと一緒のものを食べる喜び。食べる速さを合わせたり、同じものを食べているからこその関わり合いがありあります。

「おはよう」と、
みんなで歩いて通園します。

朝の通園は本園の創立より変わらないことの一つです。歩くことは人の基本的動きの一つです。その動きを朝一番で行うことで、体、頭が目覚め、一日元気に過ごせる準備が出来ます。また、通園路の自然の移り変わり、社会とのふれあい、異年代が手を繋ぐことで生まれる、相互のふれあい等、本園では「歩いて幼稚園に来る」ことも感性を養う上で重要な教育の場であると考えています。

いつでも雰囲気を見に来てください。

幼稚園では、子どもたちは初めての経験する集団行動で様々なことを体験します。また、同年代の友達・先生と関わることで、自我の発達が顕著に現れます。この時期の子供にとって重要なことは、自分の抱く好奇心・探究心を膨らませて、発見する喜びや満足感、達成感を得ることです。それが発想や言葉の豊かさ、自分自身に自信を持ち、他者を認め尊ぶ心を育てます。それは時代が変わっても、幼稚園が担っていく役割であると考えています。

年間行事

年少さんの場合

  • 4月入園式
  • 5月延長保育開始、個人面談開始
  • 6月バス遠足(親子遠足)
  • 7月夏休み開始
  • 8月夏期保育
  • 9月2学期開始
  • 10月運動会
  • 12月冬休み
  • 1月3学期開始、雪見遠足(親子遠足)
  • 2月お遊戯会
  • 3月修了式
  • ※各学期1回保育参観
木

基本情報

ロゴ富士宮東幼稚園

〒418-0072 静岡県富士宮市矢立町787

TEL&FAX 0544-26-3413

ロゴ富士宮北幼稚園

〒418-0054 静岡県富士宮市光町14-4

TEL&FAX 0544-26-4672

プライバシーポリシー

事業報告書